四方山 五合目

アクセスカウンタ

zoom RSS 片方交換

<<   作成日時 : 2018/02/14 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Nintendo Switch本体の色を変えたので今度はJoy-Conの片方を交換しようと考えた。
左右が同じ色の黄色(ネオンイエロー)の左右どちらかを交換しよう。
(所有しているJoy-Conで唯一左右同じ色なのが気に入らない)
画像

とりあえず交換パーツを見ながら考える。
画像


せっかくボタン色がSFCと同じなので…右側を交換する事にしよう。
(上下左右ボタンよりABXYボタンがSFC色になる方が良い感じ。最終的には左右とも作るのだが…)
画像

まずは裏面を確認。
画像

裏面の4本のビス(Y型ドライバー要)を外して…カバーオープン。
画像

この後、試行錯誤しながら内部のビスを外したり両面テープで貼ってある部分を剥がしたりしながら外装交換。
写真を撮る事を考える暇がない程の作業だったので…写真はない。
グレーの本体(上位機種を購入する時はグレーを購入予定)を購入したら同じ事をJoy-Con(R)で、やるのかと思うと…orz
画像

まぁ満足。
ホーム画面で操作する範囲での動作確認を行ったが問題なし。
(X YボタンとL LZボタンはオスと音がするので反応していると思うが、確実な動作確認ができていない)

外装は変わったのだが…外装交換前の色の名残がある。
画像

SR SLボタンは交換前の色が残っている。
(当然パーツ交換していないので基の色のまま)
こんな所にコントローラー色があるとは思っていなかった。
それに…Nintendo Switchはコントローラーを接続した時にコントローラー色が表示される。
画面に表示されるコントローラー色は基のネオンイエローorz。
仕方がない事なんだが…残念。

交換が終わったので元々のコントローラー外装は交換パーツのケースに片付。
画像

とりあえず今回外装を交換したJoy-Conで動作確認を兼ねて「ゼノブレイド2」をプレイするか…


追記

アナログスティックに黒いシートが付いていた事に気付いた。
最初は「そんな物は要らない」と思っていたので元々のケースに両面テープで貼付されたままにしてあった。
ケース交換した物のアナログキーを操作した時にアナログスティックの端が見える事に気付いた。
「黒いシートも新しいケースに貼付すれば端が見えなくなるかも?」
と思ったので嫌々だが白いJoy-Con(R)を分解した。
分解して元々のケースから黒いシートを移植。
無事アナログコントローラーの端が見えなくなった。

他にも小さなゴムシート等は新しいJoy-Conケースに移植していない物がある。
(両面テープ等で貼付されている感じだったので剥がした時点で使い物にならなくなってしまいそう)
全てを移植すべきだったかなぁ?


押入に放置した「モンハンXX限定版本体」(Nintendo Switch)のコントローラーは左右がグレーだった事を思い出した。
ドックとパッケージ以外は通常のNintendo Switchなので…
これのJoy-Con(L)のケースを白に交換すべきか考え中。
悩む…
(限定版はソフトを使う事があっても本体は放置する主義なので…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
片方交換 四方山 五合目/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる