COWBOY BEBOP

COWBOY BEBOP Blu-ray BOXが発売。
毎回ソフトは購入するものの…リアルタイムで見ていたので見ない。

未だにDVD-BOXは見ていない。
(最初に購入した単品DVDも見ないまま手放したような…)
今回も地上波放送の最終回は収録されていない。

前半のダイジェスト的な内容だったと記憶している。
(何せリアルタイムで放送を1回見たっきりなので記憶が曖昧)

とりあえずBlu-ray BOXも購入するが…
Amazon限定版の限定仕様で付属する物に価格に見合う魅力を感じない。
5000円くらいの価格差なら購入したかもしれないが通常の限定版購入に決定。
(低下の差額は許容範囲かもしれないが…Amazonの販売価格だと差額の価値なし)

Blu-rayレコーダーを購入してステレオ音声のBlu-rayは気楽に見られるようになった。
(PS3で見ていた時は…面倒って感覚が先にきてなかなか見る気になれなかった)
後から発売になったDVD-BOXと同様に5.1ch音声かな?
それだと見る機会が減ると言うか見ない可能性が高まる。

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)
バンダイビジュアル
2012-12-21
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





昔のアニメのBlu-ray化に出費するかどうか非常に迷うのだが…
単純計算でBlu-rayはDVDの5倍。
DVD画質でも十分なアニメは枚数が1/5になってBlu-ray化だと非常にありがたい。
単純に昔のアニメのフィルムをBlu-ray画質で収録されても粗が見えるだけなんだが…

自分には分からないが「手書きアニメの良さ」を昔のアニメをBlu-ray化したソフトには感じられると言う人がいるようだ。
個人的には「手書きの良さを感じる=現実を感じる」って事だと思う。
アニメの良さは現実を感じない事だと思っているので歓迎できない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0