交換ヶ所を変えてみた

以前と同様にレトロフリークのコントローラーの外装交換をしようかと考えた。
(今回のコントローラーはレトロフリークベーシックに付属のコントローラー)
画像

以前の作業前に失敗するかもしれないと思って2個購入した物の残りの1個。
画像

以前と同様に交換すると中央のボタン名称等が異なるので表面の印字文字を消したり正しい名称のシールを作って貼付する必要があった。
(印字文字を無水エタノールで消したが…表面がツルツルになって質感が変わってしまったのが嫌な感じだった)

以前の評判は確か…ボタンの感触等の改善が主な目的だったような…
(個人的にはレトロゲーム機風のコントローラーにしたかっただけ)
ほぼ同じ構造だった記憶なので、今回はボタンのみの交換をする事にした。

早速作業したら、構造が全く同じみたいで簡単にボタンのプラスチックと裏のゴムを交換する事ができた。
画像

レトロフリーク側の部品が問題なく付いたって事は…
逆も簡単に可能なのでレトロフリークの部品を交換するために購入したUSBコントローラーに付けた。
画像

やはり…見た目が地味になった(^_^;)。

地味になったコントローラーを片付けようとした時に…
以前交換したレトロフリークのコントローラー外装とプラスチックの色が異なる事に気付いた。
画像

下のコントローラーが以前購入したレトロフリークに付属していたコントローラーだが…
(中身はBUFFALOのレトロ調USBゲームパッドだが…)
以前の物のコントローラーボディ色は白って感じだったのが、今回の物はグレーって感じ。

違うのは色だけなのだろうか?
ボタンの反応等が改善されているのだろうか?
今回の部品交換は、やらない方が良かったのでは無いだろうか?

レトロフリークで遊ぶとは思えないから…自分には分からない可能性が高い(^_^;)。