躊躇

Nintendo SwitchHの内蔵ファンを交換しようと思って購入したシリコングリスが届いた。
Bartram シリコングリス 高効率熱伝導 CPU冷却ペースト 絶縁タイプ (グレー)
Bartram シリコングリス 高効率熱伝導 CPU冷却ペースト 絶縁タイプ (グレー)
必要なのかどうか確証は無いが…交換作業でヒートシンク的な物を、一旦外して戻すようなのでAmazonで購入した。

内蔵ファンは、どの製品を購入しても「大丈夫」って確証がないので安い物を購入しようかと思ったが…
任天堂 Switch 冷却ファン(シロッコファン)
任天堂 Switch 冷却ファン(シロッコファン)
(商品の写真を見ても同じ写真を使っているみたいだし…)
表示されるメーカー名が日本語の物を購入した。
最安商品と比べると販売価格が2倍くらいするが…
商品詳細に表示されるメーカーは輸入元なのだろうと思うが、最安の部品と同じ物だったとしても日本の会社がチェックして販売しているだろうから信頼性がマシと信じて購入。
(その分、販売価格が高いと信じる事にして購入)

内蔵ファンが発送されたが、今更現状のNintendo Switchを確認。
廃熱部分にティッシュペーパー(2枚組になっているティッシュペーパーの1枚を小さく切った物)を貼付した。

スリープ状態は…
200731_KIMG0001.JPG

起動状態で…
200731_KIMG0002.JPG
比較すると、少しティッシュが動いたのが分かる。

元々、手を当てて分かる程に排熱していたような感じは無かった。
(元々手を当てて、熱が出ていると分かる程度だったが…風が出てくる感覚は無かった)

動いているって事は、正常に内蔵ファンが動作しているのかもしれない。
(内蔵ファンが弱って、以前より廃熱効率が下がっているのか分からない)

内蔵ファンを交換する必要は無いのかもしれないと思うと…交換作業すべきか躊躇する。
発売日に購入した旧型なので、購入してから3年以上経過している。
3年も経てば内蔵ファンも寿命って事なので、交換しておいた方が良い事も理解できる。
外装交換した本体なので、自分で色々と作業して遊ぶ物って事にしているので…
内蔵ファンの交換も「遊び」として作業すべきとは思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0